ATP測定

院内の衛生検査

病院内は常に衛生状態が良好に保たれている必要があります。
そのためには、院内で衛生検査を実施することが重要です。
衛生検査の結果、衛生状態が悪いことが発見されたのであれば、早急に対策を取らなければいけません。

衛生検査ではATP測定を実施し、その検査をするためには専用のキットを用います。
ATP量を測定することによって、その場所に汚染物質がどれくらい存在しているのかを測り、その結果から衛生状態を判断するのです。

ATPとはすべての生物に存在している物質であり、ATPを検出したということは細菌やその残渣が存在していることを表します。
ATP測定では、ATPに特定の酵素を組み合わせることによって、発光させて、その発光量を測定することで衛生状態の程度を検査できます。
キットを用いると誰でも簡単に測定を実施することが可能です。

こちらのサイトではATP測定のための衛生検査キットを扱っています。
>>衛生検査キット|ATPふき取り検査測定

この衛生検査キットでは、生物由来の汚れであるATPをホタルの発光の原理を利用して測定します。
たったの数十秒で結果が出るためとても便利です。
従来の方法では24時間以上かかったのですが、衛生検査キットであれば時間を短縮することができて、結果がすぐに分かります。

ただし、ATP測定のみでは微生物の同定を行うことはできず、何らかの汚染物質が存在することしか分かりません。
そのため、詳しい検査を行いたいのであれば、別の方法を用いる必要があります。
病院

ATP測定のサービス

当社では衛生状態を確認するためのATP測定のサービスを提供しています。
ATP測定値を参考にすることにより、感染症対策に役立てることが可能です。
ATPが測定されたのであれば、その場所に細菌が存在していたり、汚染されている可能性があります。

検査方法は測定箇所を拭き取り、試薬と混和させて、後は結果を待つだけです。
測定結果は数値として表されているため、データとして蓄積することが可能です。
ATP測定の結果は色々な利用の仕方があるため、役立ててください。

ATP測定では、細菌だけではなくて、細菌のエサとなる汚れを検出することも可能です。
そのため、細菌の数が増える前に対処することができます。
質の高い衛生管理を実施したいならば、ATP測定は必要不可欠な手段なのです。

ATP測定の結果、汚染されていることが分かったならば、その箇所をすぐに洗浄して、殺菌しましょう。
また、清掃した後に、その場所が衛生的にキレイな状態となったのかをチェックするためにATP測定を利用することもできます。

病院や介護施設の衛生状態が悪くなると、多くの人に感染症の危険が及びます。
多くの人の健康を守るためにもATP測定を重視しましょう。
検査結果は信頼できるものであり、精度はかなり高いです。