ルミテスター(ATP測定器)

ATP測定法

ATP測定法は、地球上に現在存在している生物の細胞の中には必ず存在しているATPと呼ばれるアデノシン三リン酸が含まれていると考えられており、これに酵素などを組み合わせると発酵させることができます。

この発光量を測定する方法のことをATP測定法と呼び、ATPふき取り検査とも呼ばれている方法になります。
この方法を利用するのは食品業界や医療機関などが行う器具の汚染調査や清掃度の調査に利用されます。
汚染物質が残っている場合にはこれらの発光する量が多いため簡単にわかることになります。

これらの検査を行うのは適切な衛生管理を行うことができ、大手食料品メーカーが開発したATP測定器と呼ばれるルミテスターがあります。
また、現在ではATPだけでなくATPが加熱や変形したAMPを測定できる精密な測定器が開発されています。

ATP測定器の特徴やメリット

食品の製造や加工を行う現場では、清潔で衛生的な状態を保つ必要があります。
これまで行われてきた現場の清掃等については作業者の経験による感覚を基に行われているため、本当に場所が清潔なのかよ汚れが残っているのか判断することができなかったです。

ATP測定器のルミテスターを利用することで、微生物や食品残渣について目に見えない汚れをATPを指標として数値化することが可能です。
清潔度を数値で管理することができるため、実際の現場で安定性のある衛生管理をすることができます。
また、この測定器は従業員の手等についても洗浄されているのか清潔な状態に保たれているか調べることができます。

ATP測定器の特徴としては、時間がかからずおよそ10秒ほどで汚れの数値化を知ることができます。
このATP測定器を利用することで長時間や期間の必要な検査を行うことなくその場での汚れがわかります。
清掃作業を行うときでもこの測定器を利用することで、清潔度や汚れの残りがわかります。

ATP測定器は、ハンディータイプとなっておりどこでも持ち運びが可能でその場で検査することが可能となっています。
また、ルミテスターと呼ばれているATP測定器は、本体だけで数値を表すことができず、ルシパックと呼ばれる発光試薬を含む検査試薬を利用して検査することになります。

検査手順についても容易に行うことができ、機械操作も複雑でなく誰でも検査を行うことができる、便利な測定器になります。
食品関係で大きな効果のあるルミテスターと呼ばれるATP測定器ですが、清掃作業の現場であっても、目に見えない菌やその菌の餌となる汚れや蛋白の量を数値で把握できるため、どこが汚れているのか作業結果を簡単に把握することができます。
作業場のチェック以外にも汚染度を記録することで清掃の間隔を決めるときにも数値として把握できるため大変便利な測定器となります。